家庭用脱毛器の種類と結果の違い

自宅で脱毛が出来る家庭用脱毛器の性能は向上してきていて、脱毛サロンと同じ効果が期待出来ます。

その家庭用脱毛器もそれぞれ違いがありますので、特徴や結果を比較してみて、自分に合った脱毛器を選んでいくようにしましょう。

脱毛器の種類

家庭用脱毛器にはそれぞれ種類があり

●光脱毛器
●レーザー脱毛器
●サーミコン式脱毛器
●超音波脱毛器

に分けられます。

それぞれ、脱毛方法や結果も変わってきますので紹介していきます。

光脱毛器

光脱毛器は家庭用脱毛器の中でも数が多いタイプです。

脱毛サロンで利用されている光脱毛器の出力を弱めて、家庭で利用出来るようにされています。

メラニンに反応する光照射によって脱毛を促していくのですが、出力が抑えられているので、効果が出るのに時間が掛かります。

その分、痛みは少ないですし、照射面積が広いタイプの脱毛器もありますので、処理中の負担は少ないですね。

使った結果

光脱毛は半永久脱毛である「不再生脱毛」と言われています。

脱毛サロンで施術を受けても、永久脱毛は出来ませんが、毛が生えてくるのを遅くすることが出来るので、自分で処理をする回数を減らすことが出来ます。

レーザー脱毛器

レーザー脱毛器は医療クリニックで利用されている、レーザー脱毛器の出力を家庭で利用出来るように抑えられたものです。

光脱毛器と同じように、メラニンに反応する光を当てることによって、毛根やその周辺組織を熱破壊させて脱毛していきます。

出力は抑えられていると言っても、光脱毛器よりもパワーが強いので痛みを感じやすいです。

また、照射面積が狭いので、照射回数も多くなります。

痛みと手間は掛かりますが、光脱毛器よりは早い効果が実感しやすいです。

使った結果

光脱毛と違って、レーザー脱毛は「永久脱毛」が出来ます。

ただ、これはクリニックで利用されているレーザー脱毛器のみです。

家庭用のレーザー脱毛器は、レーザー脱毛器と言っても出力が弱められているものなので、永久脱毛は出来ません。

光脱毛と同じようにムダ毛が生えてくるのを遅くすることは出来ます。

サーミコン式脱毛器

サーミコン式脱毛器は比較的最近開発された脱毛器で、熱線に触れた毛を焼き切る方法で脱毛します。

肌の表面に出たムダ毛を熱で焼き切っていくので、その熱が毛根に伝わって、毛が生えるのを遅くする効果があるとも言われています。

ただ、その効果もかなりゆっくりなので、どちらかと言うとカミソリなどと同じように「除毛効果」という認識でいた方がいいですね。

使った結果

説明にも書きましたが、サーミコン式脱毛器は「除毛」になります。

一時的なムダ毛処理と考えておいた方がいいですね。

超音波脱毛器

超音波脱毛器は、ピンセットのようになった器具で毛を摘んで、超音波を流すことで、毛根に振動を伝えて脱毛していきます。

光脱毛器やレーザー脱毛器のように熱処理をしないので、肌への負担が少ないのが特徴です。

ただ、長い毛だと毛根まで振動が伝わらないので、5mm程度の長さにしてから処理をしていく必要があります。

また、1本1本の処理になりますので手間も時間も掛かります。

使った結果

永久脱毛は難しいですし、毛が生えてくるまでの効果もゆっくりです。

眉などの細かい所の脱毛にはいいかもしれないですが、広範囲を超音波脱毛器で行っていくのは避けた方がいいでしょう。

手軽に脱毛したいなら

手軽に脱毛をしたいのでしたら、光脱毛器かレーザー脱毛器を利用していくのがいいですね。

その際、脱毛器本体の価格も重要ではありますが、家庭用脱毛器は1回使っただけでは脱毛効果は実感出来ません。

定期的に脱毛処理を繰り返していかないといけませんので、その辺にも注目していった方がいいですよ。

●処理中の痛み
●照射範囲
●照射回数を使い切ったあとの交換方法
○本体の重さ

といったことも意識してみるといいですね。

本体の重さに関しては、一番最後に確認するのでいいとは思いますが、それ以外の3点は価格と一緒に確認しておいた方がいいです。

特に痛みに関しては、肌トラブルに繋がったりもします。

そもそも、レーザー脱毛器の方が光脱毛器より痛いと言われています。

それ以外にも、出力調整が出来るものを優先していった方が、処理中の自分への負担を軽くしていくことが出来ますよ。

正しい脱毛器の使い方を

どの脱毛器にも言えることですが、それぞれの脱毛器で最低限注意しなければいけないことがあります。

家庭用脱毛器は脱毛サロンなどに行かなくて済むので手軽ではありますが、その分、使用に関しても自己責任という所があります。

肌トラブルも自分で回避していかないといけないので、脱毛器の使い方は注意して、いきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする