脱毛器は価格で選ぶと失敗する?

家庭用脱毛器の価格は安くても2~3万円はしますので、ちょっと手を出しにくい…という人もいるのではないでしょうか。

それでも、5~6万円のものを購入するよりは、踏ん切りがつくかもしれないですね。

探していけばもっと安いものもありますので、購入しやすい価格のものを選ぶというのも、決して悪くはないと思います。

そこに『性能』が伴っているのなら、何も問題ありません。

脱毛器の効果

『脱毛器』と言っても、色んな種類があります。

価格で選ぶのもいいのですが、脱毛器の種類も重要です。

「脱毛」を目指すのでしたら光脱毛器、レーザー脱毛器のどちらかを選んでいきましょう。

「即効性」を優先するのでしたらサーミコン式の脱毛器でもいいのですが、こちらは「除毛」になります。

脱毛と除毛

簡単に言えば、処理後に「ムダ毛が生えてくるかこないか」の違いです。

光脱毛器やレーザー脱毛器は、肌に当てた光で毛根を刺激して、ムダ毛が生えてくるペースを遅らせます。

レーザー脱毛器だと、パワーが強いので、毛根を破壊して、永久脱毛を目指していくことも可能です。

光脱毛器の場合は、厳密に言うと減毛と言って、処理が完了しても多少はムダ毛が生えてきてしまうそうですが、自分で処理をする回数はかなり減ります。

サーミコン式の脱毛器は、肌の表に出ているムダ毛を熱で焼き切っていくものです。

表に出ている毛がなくなるので、すぐにツルツルになることが出来るのですが、それはその場しのぎでしかありません。

時間が経てば生えてきますので、その都度、処理を繰り返していく形になります。

価格が安い脱毛器

光脱毛器、レーザー脱毛器、サーミコン式脱毛器のどれも、料金はバラバラです。

レーザーだから高い、ということもありません。

例えば、

光脱毛器『ケノン』69,990円
レーザー脱毛器『トリア』39,800円
サーミコン式脱毛器『ノーノーヘア』28,381円

になります。

どれを購入するか

価格だけ見れば、この3種類の中ではサーミコン式脱毛器が一番安いですので、これを買おうと思うかもしれませんが、先程書いた通り、サーミコン式脱毛器は除毛になります。

ずっと処理を続けていかないといけません。

続いてレーザー脱毛器のトリアになりますが、こちらは脱毛を目指していくことも可能です。

ただ、基本的にレーザー脱毛器は痛みを感じることが多いですし、照射範囲が狭いのでその分、時間も掛かります。

トリアは重さも500mlのペットボトル分くらいの重さがあるので、脇脱毛などは結構疲れたりもしますしね。

光脱毛器のケノンが一番高くはなりますが、実はこのケノンは楽天で1位を連続で獲得している人気の脱毛器です。

効果を実感するのは、光脱毛器なのでゆっくりめではありますが、出力調整もしやすく、照射範囲が広いので処理に掛かる時間を短くすることが出来ます。

カートリッジ交換型なので、カートリッジを購入していけば使い続けていくことも可能ですし、使い続けていった方がコスパも良くなります。

価格以外の話

ちなみに価格だけで脱毛器を選ぶのも、決して悪くはないのですが、家庭用脱毛器はどれを利用しても効果が出るのが脱毛サロンやクリニックに通うよりは遅いです。

途中で諦めたらそれまでなので、使い続けていくことが大切です。

そのため、『処理に掛かる時間』や『痛み』というのも重要なのです。

痛かったり、時間が掛かる脱毛器は途中で面倒になったりもしますので、こういった『使い続けていく』ことに注目して選ぶのもいいと思いますよ。

処理中の痛み

ちなみに先程の3つを痛みで比較すると

痛い●レーザー脱毛器>光脱毛器≧サーミコン式脱毛器●痛くない

という流れになるようです。

処理の早さ

これは、照射面積によって変わってはきますが、ケノン、トリア、ノーノーヘアで比較すると

早い●ケノン(9.25cm2)≧ノーノーヘア>>トリア(直径1cm(円型))●遅い

という流れになりますね。

おすすめの家庭用脱毛器

こうして見てくると、本体価格が高くても、ケノンが楽天で人気1位を獲得しているのもなんとなく分かるのではないでしょうか。

また、ケノンはショッピングローンという分割で支払いをして購入することも出来るので、支払いの面での負担も少ないです。

家庭用脱毛器を購入しようか迷っているのでしたら、ケノンを候補に入れてみるのもいいと思いますよ。

↓↓
自宅で本格脱毛!最新型脱毛器「ケノン」使えばわかる凄さ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする