女性におすすめの脱毛器

サロンやクリニックで脱毛した方が確実なのは分かっていても、時間や料金が気になってなかなか踏み出せない…!という方は家庭用脱毛器に注目しているはずです。

最近の家庭用脱毛器は性能が上がってきているので、自宅で処理をしてしまう人も増えているそうですよ。

ツルツルのお肌にしたい女性必見の、家庭用脱毛器のおすすめ商品をご紹介します!

メリットとデメリットも確認して、自宅で手軽にムダ毛処理をしていきましょう。

家庭用脱毛器のオススメ

家庭用脱毛器と一言で言っても、『処理の仕方』というのがタイプによって違います。

一般的なのは『光脱毛器』ではないでしょうか。

続いて、耳にすることが多いかもしれない『レーザー脱毛器』の2つが、家庭用脱毛器でトップにあるタイプですね。

では、それぞれのタイプのおすすめ脱毛器を紹介していきますね。

どちらも使い方は簡単だと言われていますので、面倒くさがりの人でも利用出来ると思いますよ。

光脱毛器『ケノン』

光脱毛器で一番人気が高いのは『ケノン』ですね。

実際、楽天での売上1位を連続で取っていますし、付属品の売上順位も高いと言われています。

ケノンについての口コミサイトも多いですからね。

ケノンのメリット

・敏感肌でも処理が可能
ケノンは光脱毛の強さを10段階で調整していくことが出来ますので、肌が弱い人でも適したレベルを見つけやすいです。

また、連射機能を使うと痛みを軽減させられると言われています。

敏感肌の人はまずはレベル1の6連射から利用して、様子を見ていくといいと思いますよ。

・1回の脱毛の価格が安い
ケノンはカートリッジ交換タイプの脱毛器になります。

最初の本体価格は高めに感じるかもしれませんが、利用可能回数が終わってしまってもカートリッジを交換するだけで続けて利用していくことが出来ます。

また、カートリッジの利用可能回数が約20万発もあるので、1回の照射に対する価格が3.5円と安いのです。

他の脱毛器だと、1回の照射に5円程度掛かりますし、利用可能回数が約15万発と少ないので回転率も早くなりコストが掛かってしまいます。

・美顔器としても使える
ケノンは脱毛器だけではなくて、美顔器としても使用することが出来るのです。

美顔器としての照射は脱毛よりも弱いので、専用のカートリッジを使用していく形になりますが、ケノンは美顔器用カートリッジも標準で付属されていますので、簡単に始められますよ。

ケノンのデメリット

・本体価格は高め
ケノンの本体価格は69,990円になります。

他の光脱毛器は5万円前後であることが多いので、価格だけ見れば高く見えるので購入を躊躇うかもしれませんね。

ただ、メリットでもお話したように1回の照射に関するコストは安いですし、カートリッジを交換していくことで人と共有していくことも可能になってきます。

家族みんなで使ってもいくことも出来ますから、お金を出し合っていくのもいいかもしれないですね。

ケノンはおすすめ

ケノンに関するデメリットはあまり見つからず、悪い口コミも少なめでした。

コスパの面でも売れているのは納得出来るのではないでしょうか。

↓↓公式サイト↓↓


レーザー脱毛器『トリア4X』

トリアはケノンと違って『レーザー脱毛器』になります。

レーザー脱毛器はクリニックで利用される脱毛器なので、脱毛サロンで利用する光脱毛より強力なのが特徴です。

家庭で利用出来るだけ出力を弱めてはいますが、家庭用脱毛器の中では一番効果があると言っても過言ではありません。

トリアのメリット

・家庭用脱毛器で一番の効果
先程も書きましたが、トリアはレーザー脱毛器になりますので、家庭用脱毛器の中では強力なので、効果が期待出来ます。

実際に、ケノンと使い比べてトリアの方が効果を感じた、という意見も見かけました。

・FDAにも登録されてるので安心感がある
トリアは海外で人気の脱毛器なので、公式HPにも書いてありますが、FDAに認可されています。

FDAは日本の厚生労働省にあたる、アメリカの政府機関=食品医薬局になりますが、強力なレーザー脱毛器と言われていても、安全の点で安心感があるのではないでしょうか。

トリアのデメリット

・広い範囲の利用に向かない
元々、レーザー脱毛器の照射範囲は『点』のようなものです。

それはトリアも同じなので、広い範囲を行っていくのには時間が掛かりますし、照射漏れが出来てしまう可能性もあります。

・トリア本体が重い
トリアの重さは、585gありますので、500mlペットボトルを持ち続けながら処理をしていくことと同じようなものです。

照射範囲も狭いので長時間の処理は大変だという人もいますね。

・痛みがある
パワーがある分、痛みを感じやすいです。

出力レベルを調整していくことも出来ますが、それでも敏感肌の人は痛みを感じやすいと思います。

痛くて光脱毛器を購入し直す人もいるそうです。

・使いきりタイプ
ケノンのようなカートリッジ交換タイプではなくて、およそ25万発を利用し終わると、本体毎買い換える形になります。

コストが高く1回の照射価格は15.9円になりますので、本体は39,800円と安く見えてもコスパが気になるかもしれませんね。

トリアは脱毛効果優先

脱毛効果が高いのが一番の特徴と言えると思いますので、効果があるならコスパ・痛み・重さを耐えられる!という人に向いていると思います。

↓↓公式サイト↓↓


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする